bwmon Linux Bandwidth Monitor 日本語サイト

SourceForge project page
Linux帯域幅モニター( bwmon )はインタフェース周りの帯域幅利用測定、その他のユーティリティです。 このユーティリティは、C言語でコード化されていて、さらに、POSIXスレッドを利用してカーセス・ライブラリを使います。このユーティリティは、/proc/net/devと/proc/uptimeを読むので、Linuxシステム上だけで動きます。

さらに、このユーティリティは、ユーザが設定した間隔で、帯域幅、ユーティリティの初期化からの最大帯域幅、および最後のリブートからの平均帯域幅を表示するため /proc/net/devと/proc/uptimeにファイルを読み込みます。ただし、大元のインタフェースでこれを行います。

■ オフィシャルサイト

http://bwmon.sourceforge.net/

■ ソフトウェアのゲット

あなたは記載されているミラーサイトからソフトウェアをダウンロードできます。

http://prdownloads.sourceforge.net/bwmon/bwmon-1.3.tar.gz?download

■ インストール

とりあえず、インストールを試したのは、SuSE and RedHat Linux 2.2.x, 2.4.x and 2.5.x です。
単にコンパイル&リンクするだけです。さらなる、インストールの詳細は、 ここ を参照してください。

$ make

rootへスイッチ。

$ su -

# make install

■ 使用法

$ ./bwmon -h

Linux Network Bandwidth Monitor $Revision: 1.3 $
by Kimmo Nupponen ( kimmoon@users.sourceforge.net )
$Date: 2002/05/08 06:33:09 $

使用法: ./bwmon [-b] [-h] [-a] [-m] [-u seconds]
-a キロビットよりむしろキロバイトで帯域幅利用を表示する。 デフォルトはキロビット表示。
-a また、1つのインタフェースあたり、最後のブート以来の平均的なバンド幅を表示してください。
-m ユーティリティが計測を始めてから、最大の帯域幅を表示する。
-h ヘルプを表示する。
-u アップデートタイムアウト時間 (秒)

<space-bar>は、アップデートタイムが満了する前にスクリーンをリフレッシュするために使ってください。
このユーティリティを終了するためには、'q'または『Q』を使用してください。

このソフトウェアを動かす為には、procディレクトリをマウントしなければならない事に注意して下さい。


As for the Japanese site of Bwmon made it.

来場者数 : Counter

Copyright 2009 Kozupon.com.