Kozupon.com    
 
 locateの使い方とlocateデータベース更新


locateデータベースを使って必要なファイルを検索するのは、findコマンドより速いので愛用している。と言うより、ほとんど癖になっている。locateデータベースは、バークレイDBを使ってあらかじめファイルシステムのツリーをDBに格納しておく、検索の時はこれを利用するので速いのである。それでは、LinuixとFreeBSDのlocateの使い方とデーターベースの更新方法を説明する。


1.locateの使い方(Linux&FreeBSD共通)

# locate <検索ファイル名もしくはキーワード>

FreeBSDをインストした直後、locateコマンドを打つと以下のようになる。

# locate xxxxxxxx
locate: database too small: /var/db/locate.database

これは、locateデータベースが単に更新されていないからである。ちなみに、Linuxでも同じことは言える。


2.locateデータベースの更新

Linuxでのlocate databaseの更新は、

# updatedb

でデータベースは更新される。
FreeBSDの場合は、

# /usr/libexec/locate.updatedb

以上


 
 
 



Copyright 2005 Kozupon.com.