Kozupon.com    
 
 意外とメモリ食ってる余計な仮想端末を停止させる!


Linuxで言うmingetty は、 ワークステーションのモニター・キーボードで仮想端末が使えるように、必要最小限の機能に絞ったgetty である。それゆえに、これにはシリアルラインのサポートはない。


1.仮想端末の状態

Linuxのプロセスの状態をPSコマンド使って仮想端末の起動状態を見ると、

# ps axw | more

省略

*** tty1 S 0:00 /sbin/mingetty tty1
*** tty2 S 0:00 /sbin/mingetty tty2
*** tty3 S 0:00 /sbin/mingetty tty3
*** tty4 S 0:00 /sbin/mingetty tty4
*** tty5 S 0:00 /sbin/mingetty tty5
*** tty6 S 0:00 /sbin/mingetty tty6

省略

こんな感じになっていると思う。
仮想端末は、通常一台あたり約8KBのカーネルメモリを使用する。だから、俺は余計な仮想端末を停止させている。 結構もったいない。したがって、ここではLinuxとFreeBSDの余計な仮想端末の停止方法を説明する。


2.Linuxの場合

Linuxの場合は、/etc/inittabから仮想端末のエントリーをコメントする。

# vi /etc/inittab

省略

# Run gettys in standard runlevels
1:2345:respawn:/sbin/mingetty tty1
2:2345:respawn:/sbin/mingetty tty2
3:2345:respawn:/sbin/mingetty tty3
#4:2345:respawn:/sbin/mingetty tty4
#5:2345:respawn:/sbin/mingetty tty5
#6:2345:respawn:/sbin/mingetty tty6

省略

このように、4〜6迄をコメントする。
その後、再起動すれば余計な仮想端末は動いてないはずである。
一応、PSコマンドで確認すること。


3.FreeBSDの場合

FreeBSDでは、/etc/ttysから仮想端末のエントリーをコメントする。

# vi /etc/ttys

省略

ttyv0 "/usr/libexec/getty Pc" cons25 on secure
# Virtual terminals
ttyv1 "/usr/libexec/getty Pc" cons25 on secure
ttyv2 "/usr/libexec/getty Pc" cons25 on secure
#ttyv3 "/usr/libexec/getty Pc" cons25 on secure
#ttyv4 "/usr/libexec/getty Pc" cons25 on secure
#ttyv5 "/usr/libexec/getty Pc" cons25 on secure
#ttyv6 "/usr/libexec/getty Pc" cons25 on secure
#ttyv7 "/usr/libexec/getty Pc" cons25 on secure
#ttyv8 "/usr/X11R6/bin/xdm -nodaemon" xterm off secure

省略

このように、 Virtual terminals行をコメントする。 その後、再起動すれば余計な仮想端末は動いてないはずである。 一応、PSコマンドで確認すること。

以上


 
 
 



Copyright 2005 Kozupon.com.