Kozupon.com    
 
 GentooLinux portageの更新!


GentooLinuxのパッケージ管理システムであるportageの使い方を説明する。


1.make.confの編集

make.conf編集してsyncサーバは日本にする。
SYNC="rsync://rsync.jp.gentoo.org/gentoo-portage"
GENTOO_MIRRORS="http://mirror.gentoo.gr.jp http://gentoo.oregonstate.edu/ http://www.ibiblio.org/pub/Linux/distributions/gentoo"


2.portageの更新

portageを更新する。
# emerge sync
又は、
# emerge-webrsync

アップデートされるであろうシステムの一覧表示。
# emerge -up system

必要なシステムのアップデート。
# emerge -u system

パッケージのアップグレード。
# emerge world

システムのマージ
# etc-update


3.その他

例えば、perlのアップデート
# emerge -u perl

この後必ずetc-updateでシステムのマージを行う。
# etc-update

[emergeのパラメータ一覧]

emerge sync    パッケージ情報の更新
emerge-webrsync 同じくパッケージ情報の更新
emerge name    インストール
emerge -f name  フェッチのみを行う
emerge -s name  検索
emerge -p name  パッケージの状態を表示
emerge -v name  -pと合わせて使う。パッケージが使うUSEフラグも表示
emerge -C name  アンインストール
emerge -k name  バイナリパッケージを使ってインスコ
emerge -c name  古いバージョンを削除
emerge -u name  パッケージの更新
emerge -B name  バイナリパッケージの作成のみ
emerge -b name  バイナリパッケージの作成をしながらインスコ
emerge -e name  パッケージを依存パッケージも含めてコンパイル

emerge unmerge name パッケージの削除

アプリケーションのinstall とupdate
例:Apacheの場合
#emerge apache

アップグレード
#emerge -u apache

USEフラグ付き状態表示
#emerge unmerge apache

便利なオプション
#emerge -pv apache

確認のみのオプション
#emerge -p -u apache

以上


 
 
 



Copyright 2005 Kozupon.com.