Kozupon.com    
 
 LinuxでCD-Rへライティングする!


VineLinuxでCD-Rライティングする。
と言う目的で作業を行ったので以下に説明する。


1.ライティングソフトをapt-getする

ソフトは、X-CD-Roastを使った。依存するパッケージは全て VineFTPサイト に転がっている。したがって、

# apt-get update

まず、cdrtoolsをゲットする。

# apt-get install cdrtools

次に、大元のX-CD-Roastフロントエンドをゲットする。

# apt-get install xcdroast

これでインストールは完了。

あとは、設定を行う。


2.設定

ここまでは簡単だが、設定がちとややこしい。

◆ テンポラリディレクトリの設定
◆ CD-Rの認識その他

ライティング速度は、CD-Rドライブの能力の約半分の速度でライティングするのが望ましい。
俺の場合、ライティング速度がMax40倍速で有ったが12倍速程度に落としてライティングしなければ旨くいかなかった(;-_-;)

ATAPI(IDE)のCD-Rを使うときはLinuxの場合速度の問題が出てくる。高回転時にライティングが追い付かないのである。
したがって、SCSIエミュレーションと言う機能を使ってCD-RをSCSI機器としてエミュレートさせてライティングを行う。

SCSIエミュレーションの設定は以下のように行う。

/dev/hddがCD-Rの場合で説明する。

rc.localの最後に以下の記述を追加する。

# vi /etc/rc.d/rc.local

省略

modprobe ide-cd
modprobe ide-scsi
modprobe sg

この方法でやるかもしくは以下のように、

# vi /etc/modules.conf
alias scd0 sr_mod
alias scsi_hostadapter ide-scsi
options ide-cd ignore=hdd

のようにmodules.confに追記する方法も有る。

# vi /etc/lilo.conf

image=/boot/vmlinuz-2.4.22-0vl2.10
label=linux
read-only
root=/dev/hda3
append="hdd=idc-scsi"

# rm /dev/cdrom1                  ← /dev/hddからリンクしていたもの
# ln -s /dev/scd0 /dev/cdrom1         
← シンボルリンクを張る

dmesgコマンドでSCSIデバイスとして認識されているか確認する。

# dmesg

認識されている状態が表示される

旨く認識されていたら、成功!

以上


 
 
 



Copyright 2005 Kozupon.com.