Kozupon.com    
 
 メールフォワードの記述方法(Sendmail、Postfixの場合)


フォワード(Forward)とは、例えばあるユーザが自宅サーバと仕事先にメールアカウントを所有していて、仕事先で自宅に着信しているメールを観覧したいとき、自宅サーバにフォワード先(仕事先)を設定して実現するMTAの機能である。


1. Sendmailでのメールフォワード記述方法

自分でも良く忘れてしまうので、Sendmailでのメールのフォワード記述について説明したい。以下に、Sendmailでフォワードを設定する方法を記載する。
但し、Sendmailはインストールされていて、すでに運用されていることとする。

1) .forwardファイルを作る

まず、フォワードを設定したいユーザの”homeディレクトリ”に”.forward”というファイル名でファイルを作成する。さらに、アクセス権はそのユーザ”600”で設定する。

■ 例 : ユーザ名を”hoge”として自宅サーバのドメインはhogehoge.comとする。仕事先のサーバのドメインをhoge.co.jpとする。

2) hoge@hogehoge.comに来たメールを無条件にhoge@hoge.co.jpにフォワードする。

.forwardファイルに以下を記述。

hoge@hoge.co.jp

3) hoge@hogehoge.comに来たメールを自身を残してhoge@hoge.co.jpにフォワードする。

.forwardファイルに以下を記述。

\hoge
hoge@hoge.co.jp

4) hoge@hogehoge.comに来たメールを自身を残して同じドメインのtaro@hogehoge.comさんへフォワードして、さらにhoge@hoge.co.jpにフォワードする。

.forwardファイルに以下を記述。

\hoge
taro
hoge@hoge.co.jp

注:自ドメインのユーザtaroさんには、hogehoge.comは付けないこと。

または、

\hoge,taro,hoge@hoge.co.jp

このような記述もOKである。

以上


 
 
 



Copyright 2005 Kozupon.com.