Kozupon.com    
 
 メーリングリストを作ろう!


ここでは、俺のの好きなMTA、qmailを使って簡単に作れるメーリングリストを紹介する。現在のメーリングリスト(以降、MLと表記)は、技術専門のMLから趣味のMLまで多岐に渡ってネット上で運営されている。もじ通り、MLは登録したメールアドレスのユーザに対して、配信されて意見交換をするシステムである。
俺も今回、qmailで簡単に作れるML、ezmlmでMLを作ることにした。以下に、インストール設定までを紹介したい。ここで紹介する環境は、

メールサーバ : ml.hogehoge.com
ユーザ名 : hoge
ML名称 : test-ml

注:あらかじめ言って置くが、qmailがインストール されている環境が前提である。


1.インストール

まず、ezmlm.orgからソースをダウンロードする。
ここ 
で、ezmlm-0.53.tar.gz (既に古いかも知れない)をゲットする。ゲットしたら、コンパイルを行う。

# make
# make man
# make setup

この時の、ezmlm関連ファイルは、/usr/local/bin/ezmlmにインストールされる。


2.実際のMLの作成

ここで、MLを作成するユーザをhogeとし、ホームディレクトリを/home/hogeとする。次のコマンドを入力して、hoge-test-mlを作成してみる。hogeユーザにログインして、以降、hogeユーザ権限で作業を行う。

# su - hoge
$ /usr/local/bin/ezmlm/ezmlm-make ~/test-ml ~/.qmail-test-ml mity-test-ml ml.hogehoge.com

これで、MLの骨格は完成した。簡単である。しかし、この状態では、投稿先が hoge-test-ml@hogehoge.com になってしまう。これでは、目的のtest-ml@hogehoge.comでの投稿は不可能である。そこで、root権限で以下の作業を行う。

uidの確認方法。
# id -u hoge
501

gidの確認方法。
# id -g hoge
504

# cd /var/qmail/users
# vi assign
+test-ml:hoge:528:100:/home/hoge:-:test-ml:
.

/var/qmail/usersディレクトリにassignファイルを作り、上記のような記述を加える。ここで、528はmityのUID、100はhogeのGIDである。UID、GIDは/etc/passwdファイルを参照すること。最後の"."を忘れないこと!ファイルを作ったあとに、以下を実行して設定を有効にする。

# /var/qmail/bin/qmail-newu

以上で、test-ml@hogehoge.com及びtest-ml-****@hogehoge.comアドレスが使用可能になる。以下にアドレスの種類を記載する。

test-ml@hogehoge.com                ← 一般の投稿受付アドレス
test-ml-owner@hogehoge.com            ← メーリングリストの持ち主のアドレス
test-ml-default@hogehoge.com           ← その他(manager)
test-ml-subscribe@hogehoge.com         ← メンバー自動登録用アドレス
test-ml-unsubscribe@hogehoge.com        ← メンバー自動脱会用アドレス
test-ml-get.123@hogehoge.com           ← 特定のメッセージ取り出し用
test-ml-help@hogehoge.com             ← ezmlmがhelpを送信する
test-ml-request@hogehoge.com           ← ezmlmが説明を送信する

自動登録、脱会の場合は、上記のアドレス宛に送信すればよいのだが、手動登録、手動脱会手続きを行いたい場合はhogeユーザでログインして、

$ /usr/local/bin/ezmlm/ezmlm-sub /home/hoge/test-ml hoge@hogehoge.com

で登録される。脱会の場合は、

$ /usr/local/bin/ezmlm/ezmlm-unsub /home/hoge/test-ml hoge@hogehoge.com

自動登録をやめて非公開MLにしたい場合は、/home/hoge/test-mlディレクトリにあるpublicというファイルが自動登録・脱会関係の制御を行っている。したがって、このファイルを削除すればよい。これで、殆どの作業が終わったが、最後に/home/hoge/test-mlディレクトリにあるファイルを編集する。

$ vi headeradd
Reply-To:test-ml@hogehoge.com

返信先アドレスをtest-ml@hogehoge.comにする。MLのメールに連番をつける。prefixと言うファイルを/home/hoge/test-mlに作り、以下の記述を追加する。

$ vi prefix
[test-ml #]

日本語サブジェクトをJISコードのみ許可する。MIMEだと文字化けを起こす危険性がある。charsetと言うファイルを作り、以下の記述を追加する。

$ vi charset
iso-2022-jp

メッセージサイズを制限する。投稿を認める最大及び最小サイズ。msgsizeと言うファイルを作る。

$ vi msgsize
100000:100

ownerの修正。

$ vi owner
&mity
|/usr/bin/ezmlm-warn '/home/hoge/test-ml' || exit 0

インストールオプションの変更を行う。作成時に指定したオプションの変更を行う事が出来る。-eオプションで変更を行う。

$ /usr/local/bin/ezmlm/ezmlm-make -efglux /home/hoge/test-ml

$ vi headerremove

return-path
return-receipt-to
content-length

不要なヘッダーを削除する(編集する必要はないかも知れない)。以上で、完成である。実際にメールアドレスを登録して、テストしていただきたい。

以上

 


 
 
 



Copyright 2005 Kozupon.com.