Kozupon.com    
 
 netcfg・linuxconfを使わずにネットワーク設定変更する!


ここでは、netcfg・linuxconfのようなネットワーク設定ツールを使わずに、ネットワークの設定変更を行う方法を説明する。例えば、netcfgは、メニュー形式でホスト名やネットワークアドレス等の情報を変更することが出来るが、保存したときに特定のファイルに保存されるだけである。
したがって、その保存元のファイルを直に書き換える事も出来るので、その方法について説明する。netcfgの項目に沿って説明する。

ネットワークの設定でRedHat Linux7以降は、netconfコマンドがどうも見あたらない。私は、netconfコマンドをよく使っていたのでとても不便であった。その代わりにどうも推奨されているのが、netconfigコマンドらしい。まあ、不本意だけどnetconfigこまんどもコンソールモードに対応しているので、ファイルを修正するのが手間だという人はこのコマンドを使うと良いかもしれない。


1.Names

Namesページは、

● ホスト名
● ドメイン名
● 検索ドメイン
● ネームサーバ

以上を設定する。この設定ファイルは、

/etc/sysconfig/network
/etc/resolv.conf

に反映される。したがって、これらのファイルを設定すればよい。以下に、内容を示す。

# vi /etc/sysconfig/network

NETWORKING=yes
HOSTNAME="sub2.kozupon.com"     ← @
GATEWAY=192.168.255.1           ← A

@:ホスト名
A:デフォルトゲートウェイ

# vi /etc/resolv.conf

search        kozupon.com             ← @
nameserver    192.168.255.6          ← A
nameserver ***.***.***.***         ← B

@:検索ドメイン
A:DNSサーバ(プライマリ)
B:DNSサーバ(セカンダリ)

ここいら辺の詳しくは、 ここ を参考にしてください。


2.Hosts

Hostsページは、

● ネットワーク上のホスト名とIPアドレスの対応

を設定する。この設定ファイルは、

/etc/hosts

に反映される。以下に内容を示す。

# vi /etc/hosts

127.0.0.1       localhost
192.168.255.103  sub2.kozupon.com          sub2       ← @

192.168.255.110  main2.kozupon.com        main2       ← A
192.168.255.140  mitysvr.kozupon.com     mitysvr
192.168.255.100  main.kozupon.com          main
192.168.255.101  sub.kozupon.com            sub
192.168.255.105  mity-comp.kozupon.com mity
192.168.255.5      note.kozupon.com            note
192.168.255.10    kozue.kozupon.com         kozue
192.168.255.6      michi.kozupon.com          michi

@:自ホストのIPとホスト名
A:以降、その他のIPホスト名

ここいら辺の詳しくは、 ここ を参考にしてください。


3.Interfaces

Interfacesページは、eth0及びeth1のインターフェースの設定

● IPアドレス
● サブネットマスク
● ネームサーバホスト名
● ドメイン名
● デフォルトゲートウェイ

を設定する。この設定ファイルは、

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0もしくはifcfg-eth1

に反映される。以下に内容を示す。例えば、ifcfg-eth0を例にとると、

DEVICE="eth0"                     ← @
ONBOOT="yes"                     ← A

BOOTPROTO="none"
IPADDR="192.168.255.103"              ← B
NETMASK="255.255.255.0"              ← C
GATEWAY=192.168.255.1                ← D
HOSTNAME=michi.kozupon.com           ← E
DOMAIN=kozupon.com                 ← F

IPXNETNUM_802_2=""
IPXPRIMARY_802_2="no"
IPXACTIVE_802_2="no"
IPXNETNUM_802_3=""
IPXPRIMARY_802_3="no"
IPXACTIVE_802_3="no"
IPXNETNUM_ETHERII=""
IPXPRIMARY_ETHERII="no"
IPXACTIVE_ETHERII="no"
IPXNETNUM_SNAP=""
IPXPRIMARY_SNAP="no"
IPXACTIVE_SNAP="no"

@:設定が反映されるインターフェース設定
A:起動時にこの設定を反映させる
B:IPアドレス
C:サブネットマスク
D:デフォルトゲートウェイ
E:ネームサーバホスト名
F:ドメイン名

大切な項目だけの説明でした。

ifcfg-eth0に変更を加えた場合は編集後、

# ifdown eth0

# ifup eth0

でインターフェースを再起動する。そして、確認する。

# ifconfig

eth0 リンク方法:イーサーネット ハードウェアアドレス 00:90:CC:A0:24:49
inetアドレス:192.168.255.103 ブロードキャスト:192.168.255.255 マスク:255.255.255.0
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:100300 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:108388 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
衝突(Collisions):487 TXキュー長:100
RX bytes:14061867 (13.4 Mb) TX bytes:19677158 (18.7 Mb)
割り込み:11 ベースアドレス:0x6500

lo リンク方法:ローカルループバック
inetアドレス:127.0.0.1マスク:255.0.0.0
UP LOOPBACK RUNNING MTU:16436 Metric:1
RX packets:152705 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:152705 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
衝突(Collisions):0 TXキュー長:0
RX bytes:14241922 (13.5 Mb) TX bytes:14241922 (13.5 Mb)

こんな結果がでるはずである。これならOK!!!


4.Routing

Routingのページは、1項のデフォルトゲートウェイの設定である。これは、

/etc/sysconfig/network

のデフォルトゲートウェイの設定が反映される。但し、経路情報を追加した場合は、

/etc/sysconfig/static-routes

ファイルに書き込まれる(多分)。
以上が、ツールを使わないネットワークの設定である。と言うより、設定変更の方法である。但し、ディストリビューションによって、違いがあるのでご承知ください。この設定は、RedHat系のLinuxでは、共通だと思います。

重要:最後に全ての設定変更後は、念のため /etc/rc.d/init.d/network restart を行うのを忘れずに!!

以上

 


 
 
 



Copyright 2005 Kozupon.com.