Kozupon.com    
 
 PostgreSQL6のインストール(RPMパッケージ)!


1. RPMパッケージの展開(RedHat系のRPMパッケージ)

# rpm -ivh /mnt/cdrom/***/postgresql-6.5.3-6.rpm


2. postgresユーザを作る

# addusr postgres

注:postgresユーザがPostgreSQLの最高権限を持つ。


3. ディレクトリパスの設定

postgresユーザでlogin。

# su - postgres

ホームディレクトリに移動(一応)。

$ cd ~/

homeディレクトリの.bashrcを編集追加。

$ vi .bashrc

以下の記述を追加。

export PGLIB=/usr/lib/pgsql

export PGDATA=/usr/local/pgdata

export PATH="$PATH":/usr/bin

export PGCLIENTCODING=SJIS

注:但し、pgdataディレクトリはあらかじめ作成しておくこと。


4. 編集内容を反映

$ source ~/.bashrc


5. データベース初期化

$ initdb


6. データベース起動

$ postmaster -i &


7. データベースユーザ登録

$ createuser ユーザ名

これで、後はデータベースが使える状態です。ご自由にカスタマイズしてください。
簡単でしょ!

以上


 
 
 



Copyright 2005 Kozupon.com.