Kozupon.com    
 
 VMwarePlayerなSlackware-10.2インストール!


とうとうと言うか、待ちに待ったVMwareもこのご時世に負けてとうとうFreeSoftwareとなった。私的にはとても嬉しいことで早速、そのVMwarePlayerで仮想LinuxDiskを作ってSlackwareをインストールしてみた。このもくろみは最終的にSlackware-10.2に TomoyoLinux を入れちまってテストするのが目的だ。しかし、このVMwarePlayerはとても便利だ。Linuxなマシンを手っ取り早く作るのには非常に有効だ。既存のWindowsマシンをそのままの環境でLinux環境を構築できる優れものだ。ここでは、そのVMwarePlayerを仮想ディスク作成から説明する。
尚、Slackwar-10.2の詳細インストールは別途、 ここ で公開してる。

インストールマシン環境)
インストールマシン : Mebiusノート HDD30GB メモリ512MB(そのうち256MBをVMwareに使用)
OS : WindowsXP Professional
仮想ディスク作成ソフト : qemu-0.8.2-windows
VMwarePlayer : VMware-player-1.0.2


1.VMwarePlayerのゲットとインストール
FreeなVMwarePlayerのゲットする場所は同オフィシャルサイトの、 ここ からゲットする。2006年8月現在、 VMwarePlayer-1.0.2 が最新であった。
VMwarePlayerのDiskへのインストールは特に難しいことは無く、 EXE形式の実行ファイルなのでメッセージにしたがってインストールを進めれば難なくインストールできるはずだ。


2.qemuのゲットとインストール
Freeな仮想ディスク作成ソフトqemuは同オフィシャルサイト、 ここ からゲットする。2006年8月現在、 qemu-0.8.2-windows が最新であった。
ファイルは、zip形式になってるため、ただ解凍して適当なフォルダへ放り込めばインストールは終わりである。

そして仮想ディスクを作る場合は、以下図1のように「DOS窓」からコマンドを打って仮想ディスクを作る。

qemu-img.exe create -f vmdk D:\slack.vmdk 10G

注:仮想ディスク領域は、ここでは10Gで設定してるが、本来は自分のディスクサイズと相談して適正な容量を設定すること。


   図1

D:\に図2のようなVMware virtual disk fileが出来る。


  図2


3.VMwarePlayerのvmxファイルを作る
適当なフォルダに、以下のようなVMwarePlayerのセットアップファイルslack.vmxファイルを作る。以下に内容を示す。ここでは、isoイメージをD:\tmpへ予めダウンロードして用意しておく。isoイメージはあたかもCD-ROMドライブのCDのように扱われる。さらにmemサイズは、256程度がちょうど良いだろう。

config.version = "8"
virtualHW.version = "3"
memsize = "256"
ide0:0.present = "true"
ide0:0.fileName = "D:\slack.vmdk"
ide1:0.present = "true"
floppy0.filename = "A:"

# CD-ROMを利用
#ide1:0.fileName = "auto detect"
#ide1:0.deviceType = "atapi-cdrom"
# ISOイメージを利用する場合はこっちのコメントを外す
ide1:0.fileName = "D:\tmp\slackware-10.2-install-d1.iso"
ide1:0.deviceType = "cdrom-image"

#ide1:0.fileName = "auto detect"
#ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"
ethernet0.present = "true"
ethernet0.connectionType = "nat"
guestOS = "other24xlinux"
nvram = "slack.nvram"

ide0:0.redo = ""
displayName = "Slackware10-2"
usb.present = "TRUE"


4.VMwarePlayerを起動して、Slackware-10.2インストールする
1)VMwarePlayerを起動して、slack.vmxを選択する。


  図3


  図4

VMwarePlayerが起動。


  図5


  図6

2)Slackwareのインストーラーが起動。
boot : のプロンプトからEnterを押したする。


  図7

3)Keyboardの設定。
各種keyboard mapから選択するため、「1」を入力後、Enterを押したする。


  図8

まあ、だいたい106キーを使ってるので、 「jp106」を選択して「OK」を押したする。


  図9

keyboardチェックを行い終了後、「1」を入力してEnterを押したする。


  図10

4)ディスクの領域確保する。
rootでLoginして「cfdisk」コマンドを実行する。fdiskも使えるけど、私的にはcfdiskの方が使いやすい。


  図11


  図12

「New」を選ぶ。


  図13

新しい領域をcreateするので「Primary」を選ぶ。


  図14

Swap領域を作るので、この場合は512MB設定した。


  図15

始めのセクターからなので、「Beginning」を選択。


  図16


  図17

Swap領域なので、「82」番を入力。


  図18


  図19

同じ要領で、Ext3 Linuxファイルシステム領域を作る。 「/」領域と「/boot」領域。


  図20


  図21

ディスクの領域確保が出来たら、「Quit」で抜ける。その後、「setup」コマンドを実行して以下の図22ようなメニューを立ち上げる。

5)ディスクの初期化。


  図22

「ADDSWAP」を選択して、Swap領域の初期化を行う。


  図23


  図24


  図25

Swap領域初期化完了。


  図26

同じく、「/」Linux領域をext3形式で初期化。


  図27


  図27


  図28

「/」領域初期化完了。


  図29


  図30

同じく「/boot」領域をext3フォーマットで初期化。


  図31

全てのディスク領域の初期化完了。


  図32


  図33

6)カーネル及びパッケージのインストール。
図34は、パッケージのセレクションなので必要有るパッケージのみセレクトする。俺の場合は、X関係は全て省いた。


  図34


  図35

パッケージセレクトメニューなので、俺の場合は、「menu」を選んで自分でセレクトすることにした。


  図36

BASE LINUXシステム関係を選択する。


  図37

ここは、どちらかというとサウンド関係なので、俺の場合は殆どチェックしなかった。


  図38

これは、開発関係のソフトウェアなので殆どをチェックした。


  図39


  図40

カーネルソースをチェック。


  図41

サーバアプリケーションなので、必要に応じて後からインストールしようと思うので殆どチェックしなかった。


  図42

パッケージのインストール。


  図43


  図44

カーネルのインストール。


  図45

ブータブルディスクは作らないので、Skipだぜ。


  図46


  図47


  図48

7)LILOをインストール。


  図49

フレームバッファを選択。俺の場合は、800×600を選択。


  図50


  図51

LILOをマスターブートレコードへインストール。


  図52

8)ネットワークを設定する。


  図53

ホストネームを設定する。


  図54

ドメインを設定する。


  図55

IPアドレス形態の選択。


  図56


  図57


  図58

サービスを起動するモジュールを選択。


  図59


  図60

9)時計の設定。


  図61


  図62

10)rootパスワード設定。


  図63

rootのパスワードを入力する。


  図64


  図65


  図66

フィニッシュ。以降のSlackwareのカスタマイズは、 ここ を参照すること。


5.slack.vmxを編集してショートカットをデスクトップへ貼り付ける
slack.vmxを編集して、ショートカットをデスクトップへ貼り付けて、以降の起動ファイルとする。slack.vmxは以下のように編集する。デスクトップのslack.vmxをクリックするとVMwarePlayerとSlackwareが立ち上がる。

config.version = "8"
virtualHW.version = "3"
memsize = "256"
ide0:0.present = "true"
ide0:0.fileName = "D:\slack.vmdk"
ide1:0.present = "true"
floppy0.filename = "A:"

# CD-ROMを利用
#ide1:0.fileName = "auto detect"
#ide1:0.deviceType = "atapi-cdrom"
# ISOイメージを利用する場合はこっちのコメントを外す
#ide1:0.fileName = "D:\tmp\slackware-10.2-install-d1.iso"
#ide1:0.deviceType = "cdrom-image"
ide1:0.fileName = "auto detect"
ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"
ethernet0.present = "true"
ethernet0.connectionType = "nat"
guestOS = "other24xlinux"
nvram = "slack.nvram"

ide0:0.redo = ""
displayName = "Slackware10-2"
usb.present = "TRUE"

ethernet0.addressType = "generated"
uuid.location = "56 4d 48 3a 86 ea 77 7b-25 d9 82 cc 2e 35 b1 d2"
uuid.bios = "56 4d 48 3a 86 ea 77 7b-25 d9 82 cc 2e 35 b1 d2"
tools.remindInstall = "TRUE"
ethernet0.generatedAddress = "00:0c:29:35:b1:d2"
ethernet0.generatedAddressOffset = "0"

以上

 


 
 
 



Copyright 2005 Kozupon.com.