Kozupon.com    
 
 Squidソースインストール!


Squidについては、技術の部屋の 別テーマ で説明してあるのでここでは割愛する。本ネタでは、2001年12月現在で最新のsquid-2.4.STABLE3ソースバージョンのインストール方法を説明する。

インストール環境のLinuxは、Laser5Linux7.1である。


1.ソースのゲット

ソースは、 ここのオフィシャルサイト でゲットする。squid-2.4.STABLE3-src.tar.gzである。


2.コンパイルの前に

ソース展開後コンパイルするわけだが、その前に”squid”ユーザ&グループを作る。

# groupadd squid
# useradd -g squid squid


3.ソースの展開

ソースの展開は、/usr/local/srcに展開とする。ユーザは、squidユーザで作業を行う。

# su - squid

$ cd /usr/local/src

$ tar -zxvf /tmp/squid-2.4.STABLE3-src.tar.gz


4.ソースのコンパイル

ソースをconfigureしmakeする。そのまま、squidユーザで行う。

$ ./configure

$ make

rootになって、

$ su root
Password :
***********

# make install

# cp cachemgr.cgi /usr/local/apache/cgi-bin/
cachemgr.cgiについては、 ここ の3項の注記を参照すること。


5.設定

コンパイル後、/user/local/squidディレクトリにsquid.confが出来るので、このファイルを編集する。proxyキャシュとして使う場合、以下の設定を最小限行うこと。


http_port 8080                              ← squidのポートを8080にする

cache_mem 16 MB                            ← キャシュに16Mバイトのメモリを割り当てる

cache_dir ufs /usr/local/squid/cache 100 8 256     ← キャシュに100MBの領域をHDDに割り当てる

#ftp_user Squid@

#Default:
refresh_pattern ^ftp: 1440 20% 10080
refresh_pattern ^gopher: 1440 0% 1440
refresh_pattern . 0 20% 4320

#Defaults:
acl all src 0.0.0.0/0.0.0.0
acl manager proto cache_object
acl localhost src 127.0.0.1/255.255.255.255
acl SSL_ports port 443 563
acl Safe_ports port 80 21 443 563 70 210 1025-65535
acl CONNECT method CONNECT

acl mitynet src 192.168.255.0/255.255.255.0       ← ローカルネットワークをここでは、mitynetというアクセスリストとして定義する

http_access allow manager localhost
http_access deny manager
http_access deny !Safe_ports
http_access deny CONNECT !SSL_ports

http_access allow localhost
http_access allow mitynet 
                   ← ローカルネットワーク内からアクセスを許可する
http_access deny all

icp_access allow all

miss_access allow all

cache_effective_user squid
cache_effective_group nobody

このような感じに編集する。


6.起動

さて、いよいよ起動してみよう。起動は、squidユーザで行う。

# su - squid

squidを初期化する。

$ /usr/local/squid/bin/squid -z    もしくは、

$ /usr/local/squid/sbin/squid -z

squid起動。

$ /usr/local/squid/bin/RunCache &

これで、プロセスidが表示され起動する。起動は、これでOK!
以降、立ち上げ時に自動起動されるように、/etc/rc.d/rc.localファイルに、以下の記述を追加しておこう!

# vi /etc/rc.d/rc.local
# squid start
if [ -x /usr/local/squid/bin/RunCache ]; then
su squid -c "/usr/local/squid/bin/RunCache &"
fi

以上


 
 
 



Copyright 2005 Kozupon.com.